​マナーズ博士と松下幸訓先生

image3-1.jpg

マナーズ博士は音響振動療法の国連認定教育機関として母国イギリスにブレットフォートン・ホール・クリニックを開設。そこでは骨折などのケガから脳血管障害やうつ病などに至るまで様々な疾患の方が訪れ、驚くような回復を見せていました。

1990年、マナーズ博士のクリニックに松下幸訓という日本人が訪れ、医者から現代では治療法がないと診断されていた、娘の「先天性股関節変型症」をマナーズ博士に完治してもらう経験をします。医者が奇跡だと驚いたその完治に、松下先生は音響振動療法に魅せられることになり、マナーズ博士から直接指導を受け、セラピストとなります。

松下先生は東京電機大学を卒業後、英国のラフバラ工科大学で、サイバティクスと人間工学を学び、卒業後は英国厚生省の研究員を経て、日欧のいくつかの会社でコンピューター関連の仕事に従事した後、独立し起業されていました。松下先生の専門であるサイバティクスとは、人工頭脳学とも言い、人間とコンピューターの融合を研究するものでした。機械に強い松下先生とマナーズ博士の音の研究が融合したとき、音を身体に入れる装置(デバイス)の圧倒的な進化が起こりました。マナーズ博士の死後、その夢と研究の発展を託された松下先生は、自らの研究を新たにイーマサウンドと名付け、ご自身もセラピストとしてたくさんの人を施術する傍ら、日本でそれをもっともっと広めるために、時代に沿った音の研究、機材の研究、後継者の育成など日々邁進されています。

IMG_6019_edited.jpg

​松下先生と